新・世界樹の迷宮2  プレイ日記9 : ~スキュレー討伐、ギンヌンガB4F攻略まで

スキュレー様を討伐しました!そしてベルトランが笑。


 

12311.jpg

ということでスキュレー戦です!色々やってから行こうと思ってたんだけど、エスバット戦の時に料理もクエストも全部消化して特にすることもなかったんでそのまま来ました!笑

・スキュレーさまぁ!
・触手が出てきたw
・お!氷あるじゃん!
・氷押し戻されたww
・触手うごくの!?
・スキュレー様に氷をぶつけてHP減
・いっきまーす!
・先制盲目
・クロエ攻撃下げ
・クライソウル!?当たらないよ!
・触手出してきたw
・触手弱w
・また触手
・また触手w
・触手はダブショと大斬だけでおっけー
・そろそろファーさん変身するか
・と思ったら子守唄!?ファー眠ったーー
・触手ーーーー!!!
・縛られた上にスタンwww
・あああああああ・・・

ということで1回戦終了w触手のHPは高くはないものの、複数出されると対処しきれませんね(;´Д`)対戦前の氷ぶつける作業が面倒だったんで、スキュレーのHPを減らした状態で11Fの磁軸まで戻って一旦セーブ→全滅→再開をしたんですが、触手生き返ってて意味ありませんでした。あの作業を倒すまでやれということですね。わかりました。

・あまりにも勝てないので、野生の勘×3持たせて樹海めぐり
・お金を貯めて武器防具購入!!
・縛られると死ぬので、料理食べて脚封じ耐性↑↑↑
・グリモアも見直します

ファー:刀剣6/限界突破5/TP8/力溜め5
ベルトラン:物理防御5/パリング☆/フロガ8/先制挑発☆
クロエ:大斬2/物理防御7/巫術9/巫剣8
フラヴィオ:抑制攻撃8/弓マスタリー6/ダブショ4/アザステ☆
アリアンナ:パリング☆/号令5/レイズモラル3/火炎の吐息6(敵スキル)
確かこんな感じだった気がする・・・。

ファーを何度も変身させたいので、限界突破でフォースゲージ増やして、姫のレイズモラルでフォース上昇量を増加させます。ファーにはとりあえずスキュレーを狙ってもらって、他の皆で触手をやるって感じにしたいので、クロエの大斬とフラヴィオのダブショのレベルを上げておいて、姫に炎属性グリモアを持たせました!姫にはリンク撃ってもらってればいいんだけど、着火役がいないと起動しないじゃん?なんでフラヴィオとクロエに属性攻撃させたんだけど全然ダメージ入らなくて全滅したので、ファーのフレイムセイバーに合わせてリンクⅡ、それ以外で姫が攻撃したいときは火炎の吐息にしました。そんなの構わずリンクだけ撃ってればいいんだよ!ってリンクⅡlv.10越えしたらTP消費40で死にます笑。あとはスキュレーの攻撃パターンですね!

01:先制 02:クライソウル(触手1)03:氷 04:物理(触手1)05:氷 06:クライ 07:氷(触手1)08:物理(触手1)09:物理(触手1)10:物理or氷(触手1)11:子守唄 12:クライ 13:氷(触手1)14:大罪(触手2)15:物理(触手1)16:物理or氷(触手2)17:子守唄 18:クライ 19:氷(触手1)20:大罪(触手2)21:物理(触手1)22:物理or氷(触手2)23:子守唄 24:クライ

なのでこちらは、
ファー:ディレイ→フレイム→力溜め→変身メテオ→レゾナンス→エクステンド→ファイア→ブレイド
ベルトラン:フリーズガード、フロガ、スキュレーがクライ/子守唄/大罪のターンは触手にシールドスマイト
クロエ:触手に大斬、回復
フラヴィオ:触手にダブショ、スキュレーに盲目
アリアンナ:攻撃↑、防御↑、子守唄の前のターンに予防、ファーに合わせてリンク、それ以外は火炎
ファーのフォースは温存せずに溜まったらタイミングを見て使う。触手が殺しきれない時があるので、その時は触手優先でファーにサポートさせる。

 

12312.jpg

勝てました~~^!11!!やばい!もう10回全滅してから数えてないけど、たぶん15回目くらい!!!笑

 

12313.jpg

スキュレーを倒すと、エスバットの二人が現れました。
アーテリンデ「お姉さま・・・」
ライシュッツ「氷姫スキューレと呼ばれる前の名は、マルガレーテ。アーテリンデお嬢様の姉君であり・・・我がエスバットのメンバーであった方だ」

樹海で命を落としたマルガレーテは、魂を集め永遠の命を与えるという天の支配者に見出され、魔物として終わらない生をを与えられたと言います。
ライシュッツ「自らが人間を傷つけるなど、優しかったあの方にとっては苦しみ以外の何物でもあるまい。ならばすべて我らが引き受けようと、お嬢様は決意されたのだ」
そ、そんな話でしたっけ( ;Д;)
アーテリンデ「・・・あたし達は、間違ってたのかしら?」
→分からない
アーテリンデ「そう・・・、そうよね。あたし自身が分からないんだもの・・・。
君がそう言うのも当然のことね・・・。でも、本当に、あたし・・・どうしたら、良かったのかな・・・?」

気持ちはわかるけど、行動が正しかったかはわからない!
自分たちがどうすればよかったのか考えてみると言い、立ち去るエスバット。スキュレーを倒したことで新たな力を手に入れたので、今度はギンヌンガへと向かいます!

 

12314.jpg

黒の護り手「見事、力を得たようだな」
三日がかりでスキュレー倒してな!!
最後の儀式を担うために、体力と気力の試練を与えると言う黒の護り手。ギンヌンガB3Fを、地上に戻らずに進んでもらうと言われました!
フラヴィオ「地上に戻らずって・・・ずっと街に戻るなってこと?」
ええーw死ぬじゃん笑。
でも準備する時間を貰えたので(笑)、街に戻ってもう一回来ました!B3Fに移動します!
クロエ「アリアドネの糸、使えない?」
ベルトラン「いかなる手段を使おうと・・・、って言ってたからな。たぶんムダじゃねぇか?」

まじかー笑。不安だなぁ~!超不安~!

 

12316.jpg

アリアンナ「そういって頂けるのはうれしいような、でも私とアカミィ様はそんな関係ではなく同志であり、仲間だと思うのですが・・・」
え!?姫、何の話??ww
フラヴィオ「あー、なんか否定するのも申し訳ない気がするけど・・・。
アカミィはファンじゃなくて、不安、っていったんだと思うよ」

 

12317.jpg

アリアンナ「あの・・・、ごめんなさい」
いや!ファンって言ったよ!超ファンだよ!大ファンだよ!アリアンナ!アリアンナ!

 

12318.jpg

さてB3F!振り返ると宝箱が!!
なにこの素晴らしい光景!でも中身は全部輪廻の角鈴ww

・さて行くか・・・
・扉を開けて・・・え?FOE??どこ??
・え??見えない・・・怖い・・・

 

12319.jpg

えっ!?あっ・・・ぎゃあああああああああ11!1
まじびっくりしたーーーああああああ何こいつーーーー!1!??こええええええええ11!!

・逃げよう
・え?逃げられない!?
・あーーだから宝箱の中身があれなのか・・・
・もう一回
・うわーww壁が迫ってきてるーーーこえええええええええ!1!111
・えまじ怖いんだが・・・恐怖すぎる・・・
・ん??あーーわかった。見てたら近づいてこないわこいつ。おっけー!
・え・・・なんか後ろ見えてますけど・・・笑
・壁こわいよおおお
・あああああ・・・
・よし。一回全滅しよう。んでもっかいやろう。
・所持金全部使ってアイテム購入・・・残り11en笑
・再開!
・ウーパールーパー倒したらフォースブレイクしたんですが・・・
・ええーーこれ奥にボスとかいます?よね??大丈夫なんかい笑
・まぁいいや・・・進もう・・・
・あ・・・軸がある・・・助かった~
・フラヴィオちゃん触ってきて!
・ええーw使えないのかよ!うそーーー

 

123110.jpg

黒の護り手「印の公女よ。そしてアカミィ、ファフニールの力を得し騎士よ。よくぞ、ここまでたどり着いた」
ら、楽勝でしたわ!
この扉の奥で、その役割を継承すると言う黒の護り手。これから百年、暗黒に包まれた世界で自分の代わりにこの地を守る護り手となると言われます。
黒の護り手「我らの祖は、滅ぼすことにできぬ禍を封印するためにこの地を作ったのだ。それを封じ、守るのがファフニールの騎士の仕事なのだ」
ファーが異形と化したのは、人を越えた超人となるためだと説明する黒の護り手!しかしファフニールでさえ百年以上は生きられないため、その力を受け継がせるために誕生させたのが、アリアンナの住むカレドニア公国だと言います。
アリアンナ「では・・・!私は・・・アカミィ様をそんな姿に変えただけでなく・・・これから百年、この地で1人、封印を守る義務を負わせなくてはいけないのですか!?」
止めるアリアンナとフラヴィオを押さえ、黒の護り手になることを決めたファーさん!するとベルトランが突き飛ばしてきて、超人しか触れられない扉に手を伸ばしました!
→どういうことだ!?

 

123111.jpg

ベルトラン「なぁに、大したカラクリじゃねえよ。俺、ベルトラン・デュ・ジェルヴェーズも選ばれた人間なのさ。・・・ただし、先代の時だけどな」
フラヴィオ「オッサン・・・、その、手・・・。アカミィと同じ・・・?」

えええええーーwwwwwおま・・・えええーーーw だったら・・・だったらスキュレー戦で変身しとけよおおおお11!!!!!!
自分は、儀式を果たせないまま生きのびてしまった百年前の騎士だというベルトラン!先の歪みを生んでしまったのは自分なので、責任を取って譲らせてほしいと頼まれました!
クロエ「ベルッ!!クロエ、クロエはヤダ!ベルと一緒がいい」
ベルトラン「クロエ・・・分かってくれよ、・・・な?」

 

123112.jpg

→・・・・・・・・・
[本当にこれでいいのだろうか?何かが間違っている気がする・・・。]

 

123112.jpg

[何と発言しますか?]
ああww 選択肢一個なら選ばせんなよ!笑
それは自分の役目だ告げますが、引かないベルトランに、自分なら犠牲にならずに解決してやる!と扉を開けるファーさん!

 

123113.jpg

フラヴィオ「おい、ちょっと待てよアカミィ!」
この先はまじでやばいから!っていう割には磁軸があるのがなんか笑えるw

 

123114.jpg

仲間の制止を振り切り、超人にしか進めない常世を通ってギンヌンガの最深部へ到着したファーさん。この奥に禍を封印しているが、吸うべきエネルギーがなくなるとエサを求めて動き出すだろうと言われます。
黒の護り手「このギンヌンガは、そこにいるファフニールの生命力を奪い、禍に提供しているのだ。いわば・・・、我らはエサだ。禍をここでおとなしくさせるためのな」
エサwww
24時間後には継承も終わり、人の体も心の断片も消え去ると告げられるファーさん。一方アリアンナたちは、そんなファーさんを追ってギンヌンガの奥へと進んでいました!
黒の護り手「侵入者!?現世と隔離されているこの常世の封印内に、許可なく何者かが進入したようだ!」
自分はここを動けないので様子を見に行けと飛ばされた先には、アリアンナとフラヴィオ、クロエがいました!
アリアンナ「アカミィ様!よかったです!!」
→ベルトランはどこだ?
フラヴィオ「あの境の扉ってヤツをおっさんが開けた瞬間・・・酷い地鳴りと振動が起きて、気付いたらおっさんの姿が消えていたんだ」
なんすかそれww
力の継承中に、もう一人ファフニールが現れたため、システムが誤作動したという黒の護り手!継承を一時中断するため、ギンヌンガに流れる力を4つ止め、ベルトランを連れ出せと言われます。

 

123115.jpg

ということでパラディン不在でギンヌンガB4Fです!いけるかな~。けど今回は糸も使えるし、街にも戻れるので大丈夫そうです!
4つの力を止めましたが、ベルトランは今まで流れた力のせいで苦しんでいると言われます!急いで継承の間へ向かう一同!扉を開けると、強烈な熱気に包まれました!

 

123116.jpg

ベルトラン「俺が、途中で代わりゃぁ・・・お前は解放されると、思ってたんだ・・・」
クロエ「ベル・・・!!」

あーいたいた。もう~。
ベルトラン「わ、わりぃ・・・もう・・・。流れ込んでくる、力、が、おれ・・・を」
黒の護り手「いけない!継承すべき力が・・・あの者に流れ込んでっ!!」

え?w

 

123117.jpg

ええっ??

 

123118.jpg

クロエ「ベル!!ベル!?」

ベル!?(大爆笑)

 

123119.jpg

ベルトランであったモノ「・・・シャァァァァッ!」
あっはwwwwwやばいwwwなにこれはwwwいみわからんwww
→ベルトラン、正気に戻れ!

 

123120.jpg

ベルトランであったモノ「・・・・・・ッ!」
wwwwww

・わ、笑っていいんだよね?(爆笑)
・ということでベルトランだったものと対決
・あー炎か!
・アクセラで3回メテオ打てる!と思ったら打てないww
・倒した笑

 

123121.jpg

クロエ「ベル・・・、ベルッ・・・・・・」

 

123122.jpg

クロエ「やだよぉ・・・・・・・・・」
おおお・・・!
力が完全に定着する前に止めることができれば解放されるかもしれないと黒の護り手に言われ、新たな黒の護り手と化してベルトランだったものを倒したファーさんたち!しかしベルトランの姿は戻らず、クロエは泣き崩れてしまいます。

 

123123.jpg

美しい女性「泣かないで、ジェルヴェーズの娘」
だ、誰だよwwwてかもういい加減長いんだけど!早く禍倒しに行こうぜ!
どこからともなく現れた美しい女性は、自分は黒の護り手と呼ばれていたものの1人だと言いました。ファーに継承が済んだため、元の姿を取り戻したそうです。
美しい女性「あなたの身体に残った力を解放することはできます。さあ、還りなさい。あなたがあなたであった頃に・・・・・・」

 

123124.jpg

ベルトラン「おれ・・・は・・・・・・?」
戻った戻った笑。
美しい女性のことをヴィオレッタと呼び、ここにいることに驚くベルトラン!ギンヌンガの儀式の装置は崩壊するため、ファーが最後の護り手になると言います。
ヴィオレッタ「ギンヌンガは終わりを告げ禍が目覚める、そう、ハイ・ラガードの公女に告げて下さい。それが・・・、最後の希望へのカギとなるはずです。そして・・・、どうか世界を・・・守って下さい・・・」
光と共に姿を消すヴィオレッタ!
クロエ「ベル・・・?泣いてるの?」
ベルトラン「・・・泣いてねえよ」

姫様クロエベルトランときて、次はフラヴィオちゃんが泣く番だね!
ヴィオレッタが黒の護り手だということは、騎士だったのかと尋ねるフラヴィオ!彼女は百年前の印の娘で、自分が選ばれた騎士だったが、儀式の途中で問題が起き、一人帰国。ファフニールとして長寿を得ていると気付いたベルトランは、ヴィオレッタの行方を探すため、百年後の儀式を待つことにしたと言います。すると初代黒の護り手だという人物が現れて、その時の様子話してくれました!
初代黒の護り手「ヴィオレッタと名乗る印の娘が、騎士の護衛もなく一人ギンヌンガに訪れた・・・。深手を負った状態で、それでも過酷な運命に彼を同行させたくない。自分がその責を負うといって・・・」
本来ならば改めて騎士を選ぶが、公女が死にかけていたため仕方なく黒の護り手に選んだと言います。

 

123125.jpg

黒の護り手「汝が全ての原因・・・。かつて儀式から逃げ、そしてまた今、継承の邪魔をしたのが汝ベルトランだ」
ひどいwww
それはベルトランのせいではなく、禍のせいだと話していると、かつて世界を救うための世界樹計画のせいで産まれた禍について、その計画により大地が消失したとき、空に逃れた一族の一人である「彼」ならあるいは何とかしたのかも知れない、と言われました。
黒の護り手「樹海に住む多くの魔物・・・。スキュレーや炎の魔人が彼の手によるといえば理解できよう。ハイ・ラガードの公女に助けを乞い、世界樹の頂上を目指せ!そこで彼・・・、オーバーロードに会い、禍に対抗する術を見つけてくれ」
は~~やっと空を目指す理由ができたね。もー長いよ!笑

 

123126.jpg

次はいよいよ桜舞い散る第四階層!こっからですよ!!

カテゴリ記事一覧
世界樹の迷宮5 プレイ日記3 : 二つの名
世界樹の迷宮5 プレイ日記2 : 第二階層
世界樹の迷宮5 プレイ日記1 : 第一階層
世界樹の迷宮5 長き神話の果て を買ってきました!
完売御礼!
新・世界樹の迷宮2  オリジナルサウンドトラックを買ってきました!
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記11 : ~ジャガーノート討伐まで
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記10 : ~ハルピュイア討伐まで
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記9 : ~スキュレー討伐、ギンヌンガB4F攻略まで
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記8 : ~エスバット討伐まで
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記7 : ~氷花入手、報告まで
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記6 : ~炎の魔人、アラクネー討伐まで
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記5 : ~10F到着まで
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記4 : ~エスバット登場まで
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記3 : ~ギンヌンガB1F バジリスク討伐まで
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記2 : ~キマイラ討伐まで
新・世界樹の迷宮2  プレイ日記1 : ~5F到着まで
新・世界樹の迷宮2  新・世界樹の迷宮2 を買ってきました!
新・世界樹の迷宮2 体験版2
新・世界樹の迷宮2 体験版
「新・世界樹の迷宮」最下層にて

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)